施設における農および6次産業化への取り組みについてのアンケート調査結果

障害者の作業内容等 §6

農場への移動

1)移動手段

農場までの移動手段は「事業所の車」(46.6%)か「徒歩」(43.7%)で、公共交通機関はほとんど利用されていない。就労場所別にみると、「事業所の車」を利用する割合は「施設外就労」では71.0%、「施設外支援」では87.5%と高い。

施設外で農業活動を実施するにあたっては、車等の移動手段を整備、移動補助をする人員を配置できるようにすることが重要といえよう。【問43】

1)農場までの片道最大移動時間

最も遠い農場への所要時間は、「10分未満」(53.0%)が中心となっているが、ほとんどが30分以内に収まっている。

農地面積を拡大すれば農地は分散することから、移動手段や移動時間について、考慮して取り組むことが重要である。