施設における農および6次産業化への取り組みについてのアンケート調査結果

今後の展望、取り組み意向 §1

農業活動の取り組み意向

今後の農業活動の取り組み意向をみると、既に取り組んでいる事業所では「拡大したい」が43.0%、「現状維持」が40.9%、「縮小したい」が4.3%であり、今後取り組みはさらに拡充する可能性が強い。

現在農業活動に取り組んでいない事業所においても、「開始したい」、「再開したい」という事業所が相当数ある。「やめた」とする事業所では「再開したい」が50事業所中6事業所、「地域農産物を用いた加工・飲食事業には取り組んでいる」事業所では「開始したい」が66事業所中17事業所、「今後、農業活動をやりたい」とする事業所では「開始したい」と意向を明確にする事業所が106事業所中68事業所ある。これらを合計すると、今後農業活動に前向きな事業所は91事業所となる。

仮にこれら前向きな事業所が全て農業活動に取り組むと仮定すれば、現在取り組んでいる事業所数279事業所に91事業所を加えると370事業所になり、調査対象の832事業所中の44.5%に相当する。農業活動の取り組み割合は現在の33.5%から将来的には44.5%へと拡大することになる。【問56】

表16 農業活動 今後の取り組み意向|農業活動取り組み状況別

 現状維持拡大したい開始したい再開したい縮小したい再開しない分からない無回答
施設数 計50113212085612238736
取り組んでいる279114120----12--1518
やめた50------6--15254
地域農産物を用いた加工・飲食事業には取り組んでいる6616--17----8205
今後、農業活動をやりたい1062--68------279