施設における農および6次産業化への取り組みについてのアンケート調査結果

今後の展望、取り組み意向 §4

職員の不安

1)職員の不安

障害者が農業活動に取り組む時に職員が不安に思うことは、「作業中に怪我・事故をする」(48.7%)、「動植物の育成に応じた日時の作業調整ができるのか」(43.8%)など、作業中の安全性や障害者の心身への影響や作業調整に関することが中心となっている。【問59】

2)農業活動取り組み状況別

既に農業活動に取り組んでいる事業所では作業中の安全性に関心が強く作業調整への関心は弱いが、まだ農業活動に取り組んでいない事業所では安全性のほか心身への影響や作業内容への不安、そして作業調整の不安が強くなっている。

既に取り組んでいる事業所は現在も安全には不安を持っているが、障害者の作業調整や心身への影響については実際の取り組みの中で不安は減っている。しかし、取り組んでいない事業所は作業調整や心身への影響についても不安に感じ、不安は多岐にわたっていることが分かる。

取り組んでいる:N=279|やめた:N=50|やるつもりはない:N=331|加工・飲食事業には取り組んでいる:N=66|今後、農業活動をやりたい:N=106