障害者就農実施施設の取り組み調査

調査の概要

障害者の福祉事業所および企業が、障害者の就労訓練および就労に取り組むにあたり、どのようなことが課題となるのかということを中心に調査を行った。まずは福祉事業所規模の小規模なNPO法人、次に中規模な社会福祉法人、そして企業の取組みである特例子会社の3つパターンに分け、それぞれの事例についてヒアリング調査を実施した。

なお、本調査は農業に取り組みはじめたばかりの企業(特例子会社)<1年目>、NPO法人<3年目>、社会福祉法人<9年目>を対象としている。そして詳細なデータの提供や調査協力の得られた滋賀県において調査を行った。

調査時期
第1回調査平成25年 9月3日~9月5日
第2回調査平静25年 10月8月~10月11日
対応者
NPO法人縁活(滋賀県栗東市)杉田施設長
社会福祉法人わたむきの里(滋賀県日野町)酒井施設長
株.サニーリーフ彦根農場(滋賀県彦根市)山本社長
障害者就農実施施設の取り組み調査
未来への投資