県における農作業等にかかる作業受委託の作業支援についての調査

農家•農業法人等からの農作業受託のために障害者福祉事業所を支援するサポーター事業

はじめに

障害者福祉事業所(以下、事業所)が農作業受託をするために、まずは基礎的な農業技術の習得が必要となる。さらに受託先の農場において障害者が作業するための技術指導、作業管理などを行い、場合によっては作業補助が求められる。

特に事業所の職員が農作業に初めて従事する場合には基礎的な技術が必要となる。また作業量が多かったり、作業内容が複雑であったりすると事業所職員と障害者だけでは十分な作業ができない場合がある。そこで事業所職員および障害者を支援する支援員(サポーター)が必要となる。

そうしたことから島根県では、事業所職員が基礎的な農業技術を習得することを支援するために、サポーターが事業所の農場等へ出向いて技術指導を行っている。長野県では、サポーターが農作業受託現場において事業所職員と障害者とともに作業管理、技術指導補助、作業を行っている。以下では、これらの取り組みについて報告する。

作業受委託の作業支援についての調査(島根県・長野県)