農業の取り組み|事例紹介 §6

社会福祉法人清水旭山学園

社会福祉法人清水旭山学園
(1)施設概要
設立
昭和53年(1978)
代表
理事長 鳴海孟
本部
北海道上川郡清水町旭山南8線58-1

清水旭山学園は、障害者支援施設「清水旭山学園」、就労継続支援B型事業「御影農志塾」、就労継続支援B型事業・生活介護事業「旭山農志塾」といった知的障害者の就労支援、自立訓練、施設入所支援などにかかる8つの事業を実施している。さらに特別養護老人ホーム「せせらぎ荘」、通所介護事業所「リゾーム」などの5つの介護保険事業も行っている。また地域の障害者に加え、要介護者である高齢者の受入れ施設となっている。

障害者の就労支援事業として農業生産、加工、販売に取り組んでいる。有機野菜(有機JAS認証取得)を生産、採卵鶏・肉用鶏を平飼いで飼養し、また原木シイタケ生産を行っている。そして敷地内においてトラウトサーモン養殖、廃棄物処理業許可を得て町内外の農業用廃プラスチック再生処理(牧草用ロールの廃棄フィルムを圧縮梱包・再生し、ペレット製造・販売)にも取り組んでいる。

旭山農志塾では、主に養鶏事業・精米事業・一般廃棄物収集運搬処理業(飼料製造)・有機農産物生産・加工を行っている。

御影農志塾では、主に農業用廃プラスチック再生処理・有機農産物生産・加工を行っている。

(2)調査日/対応者

平成26年10月27日/三津大輔氏・太田民生氏

(3)調査目的

農業生産および6次産業化、循環型農業に取り組む事例について実態調査を行った。

(4)調査内容

表6 農業の取り組み概要

農地畑/約13ha(所有地(約8ha)、借入地(約5ha))
農産物肉用鶏3000羽、採卵鶏4500羽、原木シイタケ数万本、野菜約50種、精米100t処理
加工品野菜乾燥粉末、野菜ピューレ、野菜茶、トラウトサーモンスモークほか
出荷一部を自給食材として利用し、大部分を販売
販売先FAX販売、ネット販売、生協、市場、直売所など
栽培有機農業(無農薬・有機肥料)
作業者旭山農志塾:就労継続支援B型利用者20名・生活介護利用者20名、職員10名|御影農志塾:就労継続支援B型利用者20名、職員7名
事例紹介|社会福祉法人清水旭山学園
平飼いニワトリ
平飼いニワトリ
原木シイタケ
原木シイタケ
<6次産業化の取り組み>
  • 加工

    なるべく野菜は加工している。高付加価値にして出荷し、さらに冬場の仕事とするためである。また一部の加工野菜については農家の野菜をOEMで製造している。

    施設内の食品残渣や地元・生協のスーパー等から発生する食品残渣を回収・利用し(一般廃棄物収集運搬処理業)、鶏の餌としている。さらには鶏の糞尿などを利用し、野菜生産のための肥料とする堆肥製造も行い、循環型農業を行っている。

  • 販売

    米は生産していないが、卸売業者から米を仕入れて、事業所内で精米し、地域の他の事業所や病院等へ販売している。そして精米時に発生する米ヌカを鶏の餌に利用している。

<地域等との連携>
  • 農家の野菜についてOEMによる加工を行っている。

    連携関係:障害者福祉事業所←→地域農家
    • 新たな職域の開拓
    • 加工機械の稼働率向上
    • 農家は農産物加工の機会
  • 小売店等の食品残渣を回収している。

    連携関係:障害者福祉事業所←→地域農家
    • 養鶏の餌の原料確保
    • 新たな職域の開拓
    • 小売店等は産業廃棄物処理
  • 米を仕入れて精米し、販売している。

    連携関係:障害者福祉事業所←→地域の事業所・病院等
    • 養鶏の餌の原料確保
    • 新たな職域の開拓
<その他>
  • 清水旭山学園は山林地帯に立地し、この地で障害者の就労や自給を図るために、自分達で学びながら農業に取り組んだ。また施設内の資源を有効活用するために、循環型農業となっていった。
  • 平均工賃3万円。
(5)今後の展望

農産物の販売量も増えていることから、農地面積を拡大していきたい。近年、シイタケの原木の入手が困難になっているため、山を購入し原木の自給生産をしていく(植林し既に15年ほど経過、後5年ほどで伐期)